社内報 わかくさ No.57
8/36

ANTEP Chuo 中央パートナーシップ社長が会長を務める「中央パートナーシップ」の活動を紹介いたします 平成26年12月4日、警視庁中央警察署管内の57町会の町会長が集う「年末町会長防犯連絡会議」において、社長が中央防犯協会を代表して挨拶しました。様々な犯罪が多発する年末に向けて地域による「安全で安心な街づくり」を推進するもので、社長は各町会に夜警などの防犯活動への協力と支援を呼びかけました。社長が「年末町会長防犯連絡会議」で挨拶 警視庁城東警察署懇話会の会長の社長は平成27年1月16日に行われた懇話会の新年会で挨拶をしました。社長は昨年の犯人検挙や振り込め詐欺防止などの城東警察署の活動に敬意を表した後、「本年も城東警察署管内の治安維持のため引き続きバックアップしてまいります。上野署長を先頭に署員一丸となって安全・安心の街づくりにご活躍ください」と話しました。社長が「城東警察懇話会新年会」で挨拶 平成27年3月10日から5月6日まで中央区京橋の警察博物館で行われた特別展「警視庁の女性たち」の開場式に社長が出席しました。昭和21年3月に日本で初めて「婦人警察官」が警視庁で採用されました。現在では「女性警察官」と名称が変更されましたが各分野で活躍されています。当日は第一期生63名の内のお一人、保浦房子様(大正13年生まれ)もご来場されて当時の様子をお話になられました。警察博物館特別展開場式婦人警察官第一期生の保浦様(左端)から説明を聞く社長パートナーシップ研修会 平成27年4月3日、パートナーシップ研修会が警視庁中央警察署で開かれました。今年に入りIS(イスラム国)による日本人人質事件が発生し、日本もテロの攻撃目標になる可能性が出てきました。テロなどを未然に防止するには地域の協力が欠かせないことから、警備情勢や今後の中央パートナーシップ活動についての講演が行われました。爆発物の燃焼実験爆発物対処合同訓練 平成27年11月16日、東京メトロ「日本橋駅」のコンコースにおいて、中央警察署と警視庁警備第二課・警視庁機動隊爆発物処理班による合同訓練が実施されました。来年平成28年には主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)が開催されることから、テロ対処のための避難誘導訓練、立入禁止区域設定訓練、爆発物処理訓練などが行われました。7

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です