環境への取り組み

PAGE MENU
  • 環境への取り組み
  • ホームへ戻る
古賀オール株式会社の環境への取り組み

古賀オール株式会社 環境方針

環境理念

古賀オール株式会社は、持続可能な社会実現に向けて、低炭素・資源循環・自然との共生を図り、日本一の鋼板づくり及び商社としての活動を通じて、産業界及び地域社会に貢献し、持続的に成長・発展する社会の実現に向け全社員をあげて積極的に推進します。

基本方針

1.継続的改善

環境マネジメントシステムに従い、環境目的・目標を設定し、定期的な内部監査を実施し、継続的に改善と見直しを行い、ムリ・ムダ・ムラを排除します。

2.法規制の順守

環境に関する、国、地方自治体の定める法規制及び当社が同意した業界等の要求事項を順守し環境保全に努め、地域社会に貢献します。

3.汚染の予防

事業活動、製品、サービスがかかわる環境側面を常に認識し環境負荷の低減を図るとともに汚染の予防に努めます。

4.持続可能な社会に向けて

(1)二酸化炭素の排出削減に努めます。
(2)廃棄物の抑制と適切な管理に努めます。
(3)3R(リデュース・リユース・リサイクル)に努めます。
(4)油類の適切な管理に努めます。
(5)環境に配慮した物品の購入(グリーン調達)と提供に努めます。
(6)環境に関心を持つ、意欲と能力溢れる人材の育成に努めます。

5.環境方針の周知及び公開

環境方針は、全従業員及び当社のために働くすべての人に対して、掲示、教育などにより周知するとともにホームページ等により一般の人にも公開します。

2008年4月1日
古賀オール株式会社
取締役社長 古畑 勝茂